センヨーアルミWNクランプ管

センヨーアルミWNクランプ管

圧着部の強度を低下させる事なくロープの端末部を封じ込めるクランプ管

Wクランプ管よりも肉薄長寸のクランプ管で圧着後形状はW型よりも小径でスマートな形が特長です。
クランプ管の断面はW管とほとんど相似形です。
W型では圧着後もロープの端末が若干突出している事が条件ですが、WN型は玉掛作業者がロープの突出部で負傷する事のない様圧着部の強度を低下させる事なくロープの端末部を封じ込める様工夫されたクランプ管でPL法時代に即応出来る新タイプです。

  • 肉薄長寸
  • 圧着後形状は小径でスマート
  • 圧着部の強度を低下させる事なくロープの端末部を封じ込める

WNクランプ管ロック加工法

  • ロープの端末を折り返してアイを作りアイの首下にクランプ管をセットする。
  • ロープ端末はクランプ管の端に揃える。
  • ロープ端末がクランプ管内部に引き込まれない様注意し乍ら規定圧力で圧着する。
  • はみ出しバリはバリカット等で削りとる。