D-310

D-310

玉掛索・ワイヤロープスプリングなど誰でも簡単にワイヤロープ加工! パネル操作で圧力の自動計算、材質・ロープの種類選定が可能です

『D-310型』は、ワイヤ加工用機器全般の製作販売を行っている泉陽株式会社のロック加工機です。

Dシリーズは従来型の長所のみを結集したニューモデルです。
索端金具の圧着加工に高機能を発揮します。

また、圧力設定が自動ででき、設定画面は『タッチパネル』になり誰でも使える簡単操作になりました。

  • 誰でも使える簡単操作
  • タッチパネル化を実現
  • 圧力を自動で計算
  • プレス中の圧力を表示
  • 小型軽量化
  • 作業スペースを大きく確保、作業効率UP

タッチパネルになりました。

圧力設定が自動でできます。

運転モードから選択

素材やロープ種類を選択

圧力を自動で計算

プレス中の圧力も表示

 

形式 D-310型
制作能力 (W)φ6mm~φ24mm
(WN)φ6mm~φ22mm
(S)φ6mm~φ24mm
ストローク 80mm
附属ダイス (W)6mm~24mm(11種)
出力 3,100KN(310TON)
吐出圧力 max.70MPa(700kgf/cm2)
寸法 W1,045mm×D520mm×H1,520mm
電動機 3.7kw(5HP)・200V
重量 1,180kg(ポンプ込)

※製作能力は、全てアルミニウム管使用としワイヤロープはJIS 6×24を基準にしております。