D-500 / D-700

 D-700

Dシリーズは従来型の長所のみを結集したニューモデルです。

『Dシリーズ』は、索端金具の圧着加工に高機能を発揮するワイヤロープロック加工機です。

フレーム断面積を増大により高剛性を追求し、さらにフレーム前後寸法を極限に縮小し、作業性の向上を実現いたします。

  • 厚板くりぬき熔断の門型フレーム:熔接部皆無
  • フレーム断面積を増大 :高剛性の追求
  • フレーム前後寸法を極限に縮小:作業性の向上
  • フレーム内側ガイドでダイスが上下動:ダイスの振れ防止
  • シリンダーの着脱容易 :修理の省力化
形式 D-500型 D-700型
製作能力 (W)φ6mm~φ32mm
(WN)φ6mm~φ28mm
(S)φ6mm~φ42mm
(W)φ6mm~φ38mm
(WN)φ6mm~φ32mm
(S)φ6mm~φ50mm
ストローク 115mm 130mm
附属ダイス (W)6mm~32mm(15種) (W)6mm~38mm(18種)
出力 5000KN(500TON) 7,000KN(700TON)
吐出圧力 max.72MPa
(720kgf/cm2)
max.72MPa
(720kgf/cm2)
寸法 W1,490mm×D1,150mm×H1,635mm W1,610mm×D1,150mm×H1,830mm
電動機 7.5kW(10HP)・200V 7.5kW(10HP)・200V
重量 3,700kg(ポンプ込) 4,150kg(ポンプ込)

※製作能力は、全てアルミニウム管使用としワイヤロープはJIS 6×24を基準にしております。